行政機関への就職でエコ関連の仕事をする

エコ関係の仕事がしたくて就職を、国や地方自治体へ希望する人もいます。公務員とは、市民や、公共サービスに関係する仕事が多くを占めるといえるでしょう。環境に関係する公的サービスとは、様々なものがあります。

エコといっても内容は様々で、ゴミ処理問題やリサイクル問題、公害対策、自然保護、林業や農業に関わる取り組みなどもあります。また人が精神的に健全に生活できる生活環境を整えたり、生活習慣を改善していくアドバイザーとして産業看護師の採用などもあり、地方自治体に就職すれば、地域の実情に応じた形でエコ問題に関わっていけるでしょう。ひとつ、ひとつは、エコといっても小さな物ですが、地域にに密着した仕事が出来ます。

より国家の中枢近くで環境問題に関わりたい人は、中央官庁に就職するという選択肢もあります。中央官庁で環境に関わる政策を、行っているのは環境省です。このほか、経済産業省は資源やエネルギー問題を担当しています。これからの将来に向けてエネルギー問題は深刻なものですから、関心は高まっていくことでしょう。

農林水産省は一次産業を通じて、環境問題に関わっています。中央官庁で働くには公務員試験に、合格する必要があります。コネや学歴は関係ないフェアな就職の形になりますし、倍率は高く、狭き門です。しかし、中央官庁に就職することができれば、エコに関する問題を、社会を動かすことで解決する糸口をつかめるかもしれません。

どんな形でエコ問題に関わっていきたいか、就職先を決める時にはじっくり考えて、試験対策などの準備をしておく必要があります。